QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
気になるうどん屋
気になるうどん屋
和歌山市友田町5-46
営業時間/10:00~19:00
073-421-7761
和歌山市内でいきおいある麺をうっているうどん屋です!!
オーナーへメッセージ

2007年04月13日

夢は見るものではなく、叶えるもの





まいど見ていただきありがとうございます!!



あなたに逢えてすっごく感謝します!



伝説の練り師こと、かま膳のもりそん店主です!



話を本題に戻しまして・・・何故うどん屋をはじめたのか?







でしたね(笑)







それでは、




また中学生のころのはなしなのですが・・





そのころ景気がいい時代に店舗が何軒かあり従業員もいろいろいてました






その中に職人さんがいてまして、いろいろ学びましたね!






今やから言えることなんですけど、






職人さんってちょっと変わった人多かったですね(笑)







良い職人さんはいろいろ親切に教えてくれましたけど






中には毎日酒を飲み手が震えているとか、


一言もしゃべらない、物静かなひととかいろいろいました






その職人さんのなかにそば・うどん職人がいまして、


その人からうどんを教えてもらっときぃー!と


親から言われ教えていただくことになりました









これがまた変な職人さんでして・・・一言で言うと





「頑固一徹オヤジ型」でして





「一度しか言わんからな!よくきけ!」って感じで始まり



わからないところを聞こうとすると「うるさい!だまれ!」



って感じあっという間に終了。。。(泣)




料理界には「教えてもらうより目で盗め!」ってあるのですが、




これは目では盗めません。しかも中学生なのですから・・・




その職人さん「なんで中学生に教えやなぁあかんのや・・・ブツブツ・・・」



と独り言までオマケつきでした。





子供やからって馬鹿にしてるんやなって思いましたね




まぁプライドもあったかもしれませんが






ひどすぎましたね






で、できたうどんは美味しくもなく

コシのないうどんでした・・








そのときです





「今僕は中学生やから無理やけど、いつかぜったいに旨いうどんを四国で学んでやる!」





って強く思いましたね(笑)








それから15年過ぎ・・・





一人寝袋をもって四国に渡り


いろいろ学んで・・・






そして今「讃岐めん茶房  かま膳」といううどん屋をはじめました!








まだまだ難関はいくつもありますが、



一歩一歩進んでいきたいと思います!






ここまで読んでいただきありがとうございました!




まだまだがんばりますね!




  


Posted by 気になるうどん屋 at 17:22Comments(8)

2007年04月10日

仕事をしてる!って胸をはれ!





まいど見ていただきありがとうございます!!



あなたに逢えてすっごく感謝します!



伝説の練り師こと、かま膳のもりそん店主です!




またまた中学生のころの話なんですが・・・




私の中学校では白いソックスが規定されていました。




はい、もちろん私も違反無く白かったです・・・




しかしですね~みんなと違うところが一つだけありました・・・




何だと思います?








白いはあってるんですけどね(笑)







実は、










白い軍足     


  

軍足てアレですよ!今でこそカラフルな五本指のソックスとか売ってたり、

皆さんはいてる人もいてると思いますけど、


そのころはほんまめずらしかったんですよ~



中学校で私だけでしたからね・・・たぶん(笑)





仕事でどうしても長靴をはかなければならなかったので



水虫対策といったところでしょうか?(えっ!?中学生で?)(笑)






私が持っているソックスといえば軍足でしたからね~(笑)





いま思えば恥ずかしくていつも見られないかなぁ?

と、ドキドキしていたものです(心)




授業が終わってみんなと帰るとき上履きと下履きを履き替える瞬間がバレないように

はきかえるのが早かったり


季節がたとえ真冬であっても体育館で授業があるときは、軍足を脱いだり




まぁ、たいへんでしたね。。。




そんなことを親に言うと、






「何も恥ずかしがる事はない、


    仕事してるから軍足をはいてるんだ!と胸をはっていってやれっ!」




でも・・・・




恥ずかしいものは恥ずかしいんだーーー!!


と心でつぶやく、もりそんの中学時代でした。。




  


Posted by 気になるうどん屋 at 17:47Comments(9)

2007年04月10日

子は親の背中を見て育つ




まいど見ていただきありがとうございます!!



あなたに逢えてすっごく感謝します!



伝説の練り師こと、かま膳のもりそん店主です!


ちなみに、「もりそん」とは私が中学生の頃からのアダ名なんです♪


うどん屋を何故はじめたか?について語る前に


私の今までを語らなくては始まらんっ!と思いますので語ります。。









突然ですが質問です


あなたは中学生の頃どうすごしましたか?





クラブ・塾・読書・遊び・・・・・まっいろいろですよね♪





私は・・・例のごとく・・




「仕事」をしていました(笑)



またも

学校→帰宅→店→家→学校→帰宅→店→家・・・・・


毎日毎日・・・・



夏休みなど朝10時から深夜2時まで仕事してました(悲)



14~15時間労働ですね(笑)



よくお客さんが「児童法が・・・・」どうとか言ってかばってくれてましたが、


親はそんな話は無視して


「私たちの育て方に口出しせんとって!!」と、よく言ってましたね(笑)



普通の人なら仕事しませんよね?



でも私は何故か・・・仕事してました。




何故か?





実は私、ずっと親の働きを見ていたからなんです。。。




よく、「子は親の背中を見て育つ」って言うじゃないですか!




たぶんアレだと思うんです。。。







当時の親は本当にすごかった・・・


いや、


ほんまえげつなかった?といったほうがあってるかもしれませんね(笑)





親たちは年中無休の一日2~3時間しか寝ずに働いてきました。。


それも10年以上も・・・・・





コレってすごくないですか?


いや、えげつないと思いませんか?




ほんま仕事の鬼ですよね!



私は真似できませんが・・・





親はよくこう言ってました。



「一人でもお客さんを逃しらあかん、

         一人でも逃したら10人入れるくらいがんばらんと商売は成り立たん」





根性ですね(笑)













  


Posted by 気になるうどん屋 at 00:48Comments(2)

2007年04月03日

人と違う生き方をしろっ!!





まいど見ていただきありがとうございます!!


あなたに逢えてすっごく感謝します!



伝説の練り師こと、かま膳のもりそん店主です!





なぜうどん屋をはじめたのか?について語りたいと思います。



私は10歳のころから親とともに商いを一緒にやってきました。




ちょうどその頃バブリーな頃でほんまメチャメチャ忙しくて忙しくて(汗)

ハンパやないっってくらい忙しかったです(笑)



学校が終わるとすぐ店の手伝いをしていました。



学校→帰宅すぐ→店→深夜帰宅→朝学校→帰宅すぐ→店→深夜帰宅・・・・



それも毎日毎日・・・来る日も来るひも・・・休みなく・・・(苦笑)



小学校や中学校の頃っていろいろ友達からの誘いや誘惑などあるじゃないっすかっ?



「今日は〇〇君と遊ぶんやけどけーへん?」とか

「今度の日曜日どこそこで遊べへん?」とか



みんな誘ってくれるのに




僕はいつも





「ごめん、今日も仕事やから遊べやんわ・・」と断るばかり。。。

[この頃すでに店の手伝いではなく仕事といってました(笑)]



ほんまにこのままではハミにされる・・・と思い



「僕だってみんなと一緒に遊びたいし、どっか行きたい!」って親に言ったことがありました。



すると親はこう言いました






「学校の勉強より商売の勉強をし、人と違う生き方をしろっ!!」




と」・・・・




どうです?ほんま鬼でしょ


悪魔みたいでしょ(笑)





厳しかったの一言です。





まぁこの頃に忍耐って言葉を覚えましたけどね(笑)





ここで余談ですが

ちょうど同世代の方はバブリーな頃で親の教育が甘いので

厳しさや耐える事を知らないニート・フリーターが増えてると

新聞に書いてました。




親の教育ってほんま大切ですね(笑)




だから小さい頃の経験が今になって役に立っているので


育ててくれた親にはすごく感謝してます!常にありがとうって思っています!




まだまだ続きます・・・  


Posted by 気になるうどん屋 at 17:52Comments(3)

2007年04月02日

伝説の練り師が歩む道



見てくれてありがとうございます!


あなたに逢えてすっごく・・・感謝しますっ!!


ではまず自己紹介から・・・


はじめまして!和歌山市内でうどん屋を営む「讃岐めん茶房 かま膳」の店主モリソンこと申します。



宜しくお願いしますね(笑)!



でははじめに・・・

いきなりなんですが・・(汗)





「なぜブログをはじめたか?」について語ろうかと・・・





・・・???





何いってるんだ!書きたいから書いてるに決まってるじゃねぇか!


はいその通りなのですが・・



皆さんも何かのきっかけでブログを書きはじめたのでは??

と思うんです。



適当に暇やからとかもあると思いますけど・・

まぁいろいろなきっかけがあるからですよね??



で、僕の場合なのですが・・



実は、、、僕・・・







強盗に入られたんです。。。(涙)







はい・・レジごと金庫ごとパチられました。





はっきり言ってテンション下がりますよね~?


かなりへこんで数日寝込んでじゃいました。



すっからかんとはこういうことなんだな!とはじめて思いました。



もういい・・仕事やりたくない!!
もういい!!もういい!!商売なんてやめちまおう!!!って・・・




何回も思いました。






でもね、休むと携帯が殺到するんです。

「休みなん?」とか「食べさせろ!!」とか


その時に



ウジウジしててもしゃーないやん!みんな僕のうどんが食べたいんやぁ!と思って

すぐ店を開けましたね(笑)




で、これをきっかけにブログで何か残していきたいなぁ~と思って書き始めました(笑)



それでは、もりそんブログのはじまりです!!  


Posted by 気になるうどん屋 at 06:10Comments(4)